お客さまがご使用のブラウザではスタイルシートが未対応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している情報は問題なくご利用いただけます。
以下のリンクより、本文、メニュー、または共通メニューへジャンプができます。

Loading header. please wait...
サイトマップ プリント表示

慈光明院

 山形市の中心商店街に位置し、土蔵造りの本堂。内部は平泉の中尊寺の金色堂を模して改装された事から山形の金色堂といわれている。本尊阿弥陀如来像は(県有形文化財)中生寒河江市慈恩寺一山の西院を代表する旧禅定院の本尊であった。
 造像は、寛元5年丙未5月(1247年)雲慶の作とされる。昭和25年創立で、まだ半世紀しか経っていない天台宗の寺だが、本尊の他、鎌倉時代に作られたと推定される銅造薬師如来立像(県有形文化財)奉鋳寺尾薬師来建治三年三月八日(1277年)の刻銘有りや菩薩や明王、天部などの像も並び、小さな本堂の中に弥陀の浄土の曼荼羅が再現されている。

郵便番号 990-0042
住所 山形市七日町1-4-12
電話番号 023-622-2228
ファックス番号 023-622-2203
交通案内 JR山形駅より徒歩20分。
市内100円バス 市役所前南口徒歩1分
管理者 (宗)慈光明院

■利用条件等

利用条件 事前に申込み許可が必要(住職宅。尚、連絡は開館時間内に限る)
費用内容 参拝・見学:1人 300円
申込電話 023-622-2228
開館時間 平日10:00~17:00
休館日 毎週 金曜日・土曜日
宿泊人数 0
食事 不可

〈分類〉

・歴史的建造物

登録日:2004年12月23日  最終更新日:2014年10月26日

検索結果

Loading news. please wait...
 

イベントカレンダー

イベントキーワード検索

イベントカテゴリー検索

【地域】


【講座・教室】


【イベント】


【年月選択】


 
Loading news. please wait...