お客さまがご使用のブラウザではスタイルシートが未対応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している情報は問題なくご利用いただけます。
以下のリンクより、本文、メニュー、または共通メニューへジャンプができます。

Loading header. please wait...
サイトマップ プリント表示

【酒田市】

鵜渡川原人形伝承の会(うどがわらにんぎょうでんしょうのかい)

郵便番号 998-0053
住所 酒田市若宮町一丁目7ー10
電話番号 0234-31-2008
ファックス番号 0234-31-2008
分類 美術・工芸、伝統文化

■活動内容等

設立年 平成11年
会員数 12
事務局担当者氏名 本間 光枝
設立目的 「鵜渡川原人形伝承の会」では、昔ながらの工法で作られた鵜渡川原人形の魅力を広く知ってもらうため、積極的に講座や出前教室、イベントなどを開催している。
鵜渡川原人形とは土人形で、地名から鵜渡川原人形と呼ばれ、その大きな特色としては、素焼き人形に膠で溶いた胡粉を数回塗って下地を整え、膠で溶いた顔料で彩色し仕上げるという昔ながらの工法による、豊かで丁寧な色付けにある。
 酒田大石家で土人形が作られたのは船運が盛んだった頃京都の伏見から伝わったのが始まりで、残されている木型には文政四年(1821)の文字が認められることから江戸時代の末期である。酒田から土人形がなくなるのは忍びないと、平成10年に愛好会が発足。翌年には保存会を結成し、土人形の保存と伝承活動が始まった。また、酒田市に寄贈の型を基に石膏での型作りにもトライする。その後「鵜渡川原人形保存会」は「鵜渡川原人形伝承の会」と名称を改め、歴史や沿革の講義を交えながら土人形作り体験教室・展示会を開くなど、伝統工芸の伝承活動に励んでいる。
粘土から数々の行程を経て、完成へ近づくたびに人形への愛着が増すようだ。手間をかけて作り上げた人形から何かを感じ取ってもらい「家族とのコミュニケーション」につながることを願っている。
平成21年には、県知事から「山形ふるさと塾活動賞」を受賞した。
活動曜日 通常活動は土・日曜日(不定期)、出前講座はその都度
活動時間 通常活動は10:00~16:00、出前講座はその都度
活動内容 制作活動(人形おこし、乾燥、焼き入れ、胡粉かけ、色付け、目入れ)、展示活動、体験教室開催。
鵜渡川原人形伝承教室の内容(出前講座も同様である)
・全行程を学ぶ…粘土の型詰め・焼き方・塗り方・色づけ等
・胡粉・色づけ工程のみを学ぶ…塗り方・色づけ・目入れ
・歴史と沿革を学ぶ…江戸末期以来、200年に及ぶ歴史や子供の誕生を祝い成長を祈る土着の人形であったことを学ぶ。
・完成作品の展示(生涯学習祭・雛街道・県内外出張展示)など
入会条件 伝統工芸や伝統文化に興味のある方
会費等 1.年会費(粘土と筆を除く材料代・会場費など):20,000円 
2.出前講座(小・中・高、コミュニティセンター)は実費
(※人形の大きさで異なる)
入会方法 伝統工芸や伝統文化に興味のある方は、お尋ね下さい
主な活動公共施設 通常活動は、酒田市総合文化センター。
出前講座は、依頼先の小・中・高校、コミュニティセンターなど

登録日:2009年10月1日  最終更新日:2016年12月27日

検索結果

Loading news. please wait...
 

イベントカレンダー

イベントキーワード検索

イベントカテゴリー検索

【地域】


【講座・教室】


【イベント】


【年月選択】


 
Loading news. please wait...