文字サイズ

公益財団法人 山形県生涯学習文化財団

山形県生涯学習センター「遊学館」

どっこい方言は生きている

令和2年2月5日発売

B6版294頁

定価 本体1,000円+税

(公財)山形県生涯学習文化財団
平成30年度「山形学」講座録
共通語が普及する中で方言は消えていくのでしょうか?「方言」の変化を巡る多様な今を通して、
山形の魅力やあり方を捉えなおしました。

【フォーラム】「どっこい方言は生きている」

<基調講演> 「今夜はなまらナイト~こばくささの裏側に~」

NHKシニアアナウンサー 柴田 徹   

<パネルディスカッション> 「方言のこれまでとこれから」

NHKシニアアナウンサー 柴田 徹   
弘前大学教授 佐藤 和之  
元日本国語大辞典編集長 神永 曉   

【講座】 

<館内学習> 「方言とわたし」

跡見学園女子大学准教授 加藤 大鶴  

<現地学習> 「方言と最上」

山形大学教授 中澤 信幸  
最上地域史研究会幹事 三浦 和枝  

<現地学習> 「方言と庄内」

元三川トピア創造委員会委員長 志田 德久  
郷土史研究家 黒羽根 洋司 
歌手 白崎 映美  

<館内学習> 「演劇にみる方言」

東北学院大学教授 下館 和巳  
俳優 今田 由美子 

<館内学習> 「方言の未来と進化」

タレント ミッチーチェン
日本大学教授 田中 ゆかり