文字サイズ

公益財団法人 山形県生涯学習文化財団

山形県生涯学習センター「遊学館」

地域学が担うもの

平成25年3月15日発行

B6版218頁

定価 本体800円+税

(公財)山形県生涯学習文化財団
平成23年度「山形学」講座録
未曾有の震災を機に「地域」とは何かを再考するため、「山形学」のあゆみを振り返るとともに、地域学として地域の記録を残すことの意義を考えました。

【「山形学」再考】

<基調講演> 山形学が担うもの その初心・進化・未来像

岩手県立大学名誉教授・元「山形学」企画委員長 米地 文夫 

<ディスカッション> 検証「山形学」~誕生から未来へ~

岩手県立大学名誉教授・元「山形学」企画委員長 米地 文夫 
マリアこまくさ保育園園長 阿部 康子 
東北芸術工科大学教授 片桐 隆嗣 
東北文教大学短期大学部教授 菊地 和博 
宇都宮大学生涯学習教育研究センター教授 廣瀬 隆人 
山形県立小国高等学校非常勤講師 本田 香奈子
山形大学教授 松尾 剛次 
元山形県生涯学習センター学習振興部長 小田島 健男
「山形学」講座受講生 鈴木 一慧 
「山形学」講座受講生 菅原 和幸 

【震災復興と地域学】

<シンポジウム> 東日本大震災にみる地域の「記録」その現状と課題

<第一分科会>  アーカイブスのデータ収集・活用・発信方法について

<第二分科会>  文化財の保存・修復・活用方法について

宇都宮大学生涯学習教育研究センター教授 廣瀬 隆人 
創造ネットワーク研究所代表 成田 浩輝 
311まるごとアーカイブス事務局 坪川 博彰 
東北芸術工科大学准教授 米村 祥央