文字サイズ

公益財団法人 山形県生涯学習文化財団

山形県生涯学習センター「遊学館」

山形学~山形における地域学の成立と展開~

平成26年3月発行

A5版380頁

定価 本体1,500円+税

「山形学」企画委員会編 (公財)山形県生涯学習文化財団
ISBN978-4-9907591-0-0
豊かな地域づくり人づくりを目指す「山形学」は、平成元年の構想スタートから四半世紀をむかえました。その先駆性・継続性から全国的にも高い評価を得ています。その理論の変遷と実践の成果をまとめ、今後を展望する本書は、全国で地域学を展開する関係者、郷土学習や地域づくり活動関係者のみならず、山形を愛する山形県民の皆様にも、是非ご一読いただきたい一冊です。

第1章「山形学」とは

1.「山形学」の誕生と展開                           片桐 隆嗣

2.地域学の中での「山形学」                          廣瀬 隆人

3.地域学と歴史学~「物語街づくり」事始め                   松尾 剛次

4.「地域学」の豊かな未来へ―私的「地域学」論―                米地 文夫

第2章 「山形学」の実際

1.「山形学」講座の実際                            片桐 隆嗣

2.「山形学」講座にみる民俗学分野の考察                    菊地 和博

3.「山形学」地域連携講座の実際                        片桐 隆嗣

4.地域学交流集会について                           廣瀬 隆人

5.「山形学」シンポジウム・フォーラムについて                 廣瀬 隆人

第3章 「山形学」への期待

1.地域学としての「山形学」に向けて                      横山 昭男

2.つらなる                                  増田 尚紀

3.知識を知恵に変える「山形学」に期待                     石川 敬義

4.私にとっては最高の講座だった                        菅野 芳秀

5.「山形学」のセールスマン?                         小田島 健男

6.地域を知り、地域のよさを見つけ、地域を語れる子ども             矢口 広道

7.「山形学」との出会いと変遷                         石沢 治雄

8.「山形学」の出会いと私                           伊藤 清紀

9.好奇心を満たす“野次馬学”                          菅原 和幸

10.~私と遊学館そして「山形学」~                      早坂 静恵

11.「学び」でつなぐ過去と未来                        本田 香奈子

12.「山形学」 自分自身の学びから                      成田 浩輝

13.総括―期待から展望へ                           阿部 康子

資料編

1.『「山形学」を創るために』(平成2年3月発刊・再集録)

2.『「山形学」のさらなる発展をめざして』(平成8年3月発刊・再集録)

3.歴代企画委員一覧

4.「山形学」実践一覧

5.「山形学」関連書籍一覧

6.地域学関連文献一覧

7.全国地域学一覧